最初のご依頼 | ギターリペアブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初のご依頼


皆さんこんにちは。

先日、ご依頼いただきましたギターの紹介です。

ギブソンレスポール 

20150526000742e84.jpg


ブリッジ周辺や、テールピースの腐食が進んでおります。

ギターを弾き終わった後に軽く掃除してあげたり、弦交換の際に念入りに掃除してあげると
腐食の進行はやや遅らせることが出来ます。
しかしながら、忙しさや手間でなかなかそこまで出来ません。

あまりにも状態が酷ければ、新品に交換は越したことがありませんが
様々な方法で綺麗にする事が出来ます。

20150526000805c38.jpg




お次ぎにフレット。

201505280922106ae.jpg



へこみやくすみが見られます。
そろそろ1度擦り合わせを施行してみた方がいいように思いました。

フレットの擦り合わせや打ち変えは、それなりの知識や経験、また感も必要になります。
こちらはまだ施行できませんが、いずれは施行できるよう、身につけたいと思います。

なので、今回は曇りをとるため、研磨致しました。

20150528092247db8.jpg

写真で分かる違いです。笑

施行の際は、指板に傷や研磨剤が入らないように、しっかりとマスキングします。

201505260007534c0.jpg




そして、指板やボディの汚れも酷かったので、きれいにして組み上げていきます。


今回はブリッジ周りをバラしたので、弦高もお預かりした時の高さに調整致します。
弦高の高さはネックの状態との兼ね合いもあるので、なかなか難しいです。


オクターブピッチも確認して施行完了になります。



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。