ネックの捻れ。 | ギターリペアブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネックの捻れ。



皆さんこんにちは!

ギタークリーニングの依頼、3本程頂きかなりバタバタで作業しておりました。

大変申し訳ない事に、急ぎで作業を進めておりましたので、写真を撮り忘れてしまいました(⌒-⌒; )


まず、
バッカスのミニギター。

こちらはネックが凄まじく反っておりました。
6弦側がかなりきつい順反りで1弦側が軽い順反り。
いや.....捻れてるやん...

って事で完璧な状態にはもっていけませんでしたが、
6弦側ちょい順反り、1弦側ほぼストレート。

プレイアビリティ的にはちょい順反りくらいが、
理想だと思います。


次に
モーリスのアコギ

こちらはジャパンビンテージのギターだそうです。
みた感じ、ギブソンのハミングバードっぽい雰囲気漂うギターでした。

特に不具合も無く、綺麗にクリーニング致しました。

最後に、

ヤマハのこちらもジャパンビンテージのギターですね。

ピックアップもEMGが2発。
様々なジャンルで活かせそうですね。

テールピース等、腐食が多数見られたので、
完璧とまではなかなか難しいですが、

磨ける範囲で綺麗にさせていただきました。

ローフレットにやや深めの凹みが見られ、
ロー側が全体的に減り気味で、
ハイフレットが山が高い印象がありました。

これが酷い状態になると、弦高が低い訳ではないのに、
ビビりや音つまりが出てプレイアビリティに影響が出てきます。

もう少ししたら、擦り合わせかなぁと感じました。


しかし、ジャパンビンテージは作りが良いとよく耳にしますが、まさにそうやなぁ〜と思いました。



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。